介護職員が収入アップを目指して転職する為に

平成12年4月に施行された介護保険法によって、介護業界は拡大し続けています。介護保険法の改正によって、様々な新しい介護事業所も開設されています。

遠くない将来には、日本は超高齢化社会に突入すると言われています。介護業界はますます売り手市場となり、介護職の需要はますます増えており、求人情報誌の中で募集を探すことは比較的簡単です。

しかしながら、介護職員の離職率の高さは一般にも広く知られています。勿論介護の仕事が楽な仕事でないことが挙げられます。肉体労働であり、夜勤を含めた不規則な勤務時間の事業所も多数あります。

おむつ交換や入浴介助などの身体介護を続けることでヘルニアなどを発症してやむなく退職する人もいます。この仕事を続けていくためには、心身ともに健康であることが大切なのです。

離職率が高い原因の一つには介護職員の給料の水準が決して高くないことも挙げられます。心身ともに疲弊する仕事の割にはその給料評価があまり望めないことは、仕事に対する意欲が低下する原因とも言われています。

収入の大半を提供した介護サービスに支払われる介護報酬に依存しているのが介護事業所です。サービス利用稼働率を高水準で保ったとしても、収入の上限が限られているともいえるのです。

この様な業界の事情がありながら、国の施策としても介護職員の給与水準を上げる為の努力は続けている現状があります。

今後の介護業界は高齢化社会を支える為に介護職の労働条件は整備されていく期待はあります。この様な現状の中でも、転職をする際に収入アップを望んで転職の道を進みたいものです。

慢性的な人員不足であるこの業界は転職もし易いと言えるでしょう。収入アップを望むために必要なことは、資格取得と経験値を積むことが近道です。

介護福祉士や介護職員初任者研修を取得する事で給与ベースが上がったり、資格手当が付与される場合もあります。

資格や経験に給与面での評価をきちんと踏まえている事業所を探すのがいいでしょう。また、夜勤がある事業所は夜勤を行うたびに手当が付きます。この手当も運営会社によって設定に開きはある為注意が必要です。